close
1.

図書

図書
谷川健一著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.6
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 736
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
鶴見太郎著
出版情報: 東京 : 晶文社, 2000.1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
鶴見和子著
出版情報: 東京 : 藤原書店, 1998.5
シリーズ名: コレクション鶴見和子曼荼羅 / 鶴見和子著 ; 4 . 土の巻||ツチ ノ マキ
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
赤坂憲雄[著]
出版情報: 東京 : 小学館, 2000.12
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
井出孫六著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.11
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
設楽博己, 工藤雄一郎, 松田睦彦編著
出版情報: 東京 : 新泉社, 2016.5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
柳田國男の生い立ちと学問的背景 松田睦彦 [執筆]
柳田國男旧蔵考古資料とは? : 収集の経緯 工藤雄一郎, 設楽博己 [執筆]
柳田國男はどんな考古資料を収集したのか 工藤雄一郎 [執筆]
石器の利用法から見た柳田國男旧蔵考古資料 高瀬克範 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(1) : 明治後期における柳田國男の旅行先 和田健 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(2) : 樺太紀行の旅程 佐藤健二 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(3) : 南樺太の領有と当時の人類学者たちの動向 福田正宏 [執筆]
飯島魁の「樺太みやげ」 福田正宏 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(4) : 「樺太紀行」以後のサハリン島における考古学の展開 熊木俊朗 [執筆]
柳田為正が収集した考古資料と柳田國男旧蔵考古資料の違い 工藤雄一郎 [執筆]
標本箱が語る柳田國男と矢田部良吉家との交流 林正之 [執筆]
お雇い外国人の活躍と一八八〇年代の「日本人種論」 山田康弘 [執筆]
日本人研究者による人種論の始まり : アイヌ・コロボックル論争 山田康弘 [執筆]
アイヌ・コロポックル論争の考古学的な資料 設楽博己 [執筆]
柳田國男の考古遺物収集と山人論の形成 設楽博己 [執筆]
『遠野物語』に描かれた遺跡と遺物 黒田篤史 [執筆]
古代史学者喜田貞吉の日本民族論と柳田國男との関係 設楽博己 [執筆]
鳥居龍蔵の固有日本人論 : 日本民族の起源と弥生土器の系譜 山田康弘 [執筆]
今西龍と固有日本人論 設楽博己 [執筆]
形質人類学者による日本人種論 山田康弘 [執筆]
柳田國男はなぜ考古学を批判し、考古学と決別したのか 設楽博己 [執筆]
柳田國男が批判した「近世考古学」の現在 林正之 [執筆]
自然科学と文学 : 松本彦七郎・山内清男と柳田國男 設楽博己 [執筆]
柳田國男と考古学者の交遊録 : 一九〇三-一九四五年頃まで 林正之 [執筆]
柳田國男と南方熊楠との交流 : 民俗学の自覚 佐藤健二 [執筆]
山人論から稲作民俗論へ 松田睦彦 [執筆]
文学との決別が柳田民俗学を生んだのか : 柳田の思想の文学性 小池淳一 [執筆]
民俗学の誕生と考古学への意識 小池淳一 [執筆]
柳田國男の生い立ちと学問的背景 松田睦彦 [執筆]
柳田國男旧蔵考古資料とは? : 収集の経緯 工藤雄一郎, 設楽博己 [執筆]
柳田國男はどんな考古資料を収集したのか 工藤雄一郎 [執筆]
7.

図書

図書
牛島史彦著
出版情報: 東京 : 農山漁村文化協会, 2011.10
シリーズ名: 名著に学ぶ地域の個性 ; 1
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
柄谷行人著
出版情報: 東京 : インスクリプト, 2013.10
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
石井正己著
出版情報: 東京 : 三弥井書店, 2010.6
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
藤井隆至著 ; 新潟大学大学院現代社会文化研究科ブックレット新潟大学編集委員会編
出版情報: 新潟 : 新潟日報事業社, 2010.7
シリーズ名: ブックレット新潟大学 ; 54
所蔵情報: loading…