close
1.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
割符
受胎
草原
暖かい髭
林の声
雪明かり
半日の花
白い軒
始まり
2.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2002.3
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2007.9
シリーズ名: 双書時代のカルテ
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
樺山紘一 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2000.10-
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2008.12
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2010.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
やすみしほどを
生垣の女たち
朝の虹
涼風
瓦礫の陰に
牛の眼
掌中の針
やすらい花
やすみしほどを
生垣の女たち
朝の虹
7.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 福武書店, 1987.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
新開地より
夜はいま
壁の顔
朝夕の春
卯の花朽たし
来る日も
椎の風
年の道
新開地より
夜はいま
壁の顔
8.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 1989.9
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
古井由吉著
出版情報: 東京 : 福武書店, 1984.11
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
古井, 由吉(1937-)
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 1982-1983
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1: 木曜日に
先導獣の話
円陣を組む女たち
不眠の祭り
菫色の空に
雪の下の蟹
子供たちの道
男たちの円居
初めの頃 : 著者ノート
2: 杳子
妻隠
行隠れ : 行隠れ,嫁入り,旅立ち,落合い,夢語り
駆出しの喘ぎ : 著者ノート
3: 櫛の火
やや鬱の頃 : 著者ノート
4: 女たちの家
街道の際
畑の声
駆ける女
夜の香り
場末の風 : 著者ノート
5: 聖
栖 : 栖,肌,湯,背,首,子
哀原
雫石
仁摩
人形
櫟馬
赤牛
安堵
女人
池沼
聖の祟り : 著者ノート
6: 親 : 道,葛,宿,雨,声,親
椋鳥
親坂
子安
咳花
牛男
痩女
あなたのし
あなおもしろ
厄年の頃 : 著者ノート
7: 実体のない影 : 或る数学入門書を読んで
私のエッセイズム
職業人と作家
私の文学的立場
最後の一周
群れの中の自我
表現ということ
翻訳から創作へ
杳子のいる谷
本との出会い
言葉の呪術
読書遍歴
通俗ということ
文体について
楽天家のつぶやき
緊密で清潔
死者のごとく
私の選んだ道
貧しき時代に
もうひとつの先導獣
力の世界にあること
常套句
死の方角から
誕生の時から
霊異
往生話
聖たち
前の入水上人
人生の両端から
驚愕と笑い : 「信貴山縁起絵巻」に触れて
広い目
格子の外から
ひとつの諧謔の予感
滅亡とのたわむれ
祈祷師たち
興奮と冷静さの時代
責任回避
辻占
山上に聖ありて
北上の古き仏たち
テレビ観猿記
人稚くして
さて八十年代
早すぎる知識
面と声
分別盛り
家の顔
徒然の時代へ
積み重ねられた暮し
動物園の豚
山に行く心
男の中の母親
もうひとつの怖さ
海の魚ども
すさまじきもの
ああ、恋文
橙色の帽子を追って : 第四十一回日本ダービー観戦記
樹の上の酔っぱらい
はじめに悪意ありき
英雄の出現
貧乏暇ありのころ
幾らの春ぞ
正月の憂鬱
失語症のような酒
日常の中の荒涼
単独行の夜
湯の思い出
睡気について
優しい客人
何を疎んで
早足のそぞろ歩き
椅子の上にも十年
書店との出会い ほか3篇
《神童》をめぐるやるせなさ ほか5篇
愛の完成 ロベルト・ムーシル ; [古井由吉訳]
誘惑者 : 第六章不安 ヘルマン・ブロッホ ; [古井由吉訳]
秋のあはれも身につかず : 著者ノート
1: 木曜日に
先導獣の話
円陣を組む女たち