>> Google Books
QRコード(所蔵情報)

東大ハチ公物語 : 上野博士とハチ、そして人と犬のつながり

フォーマット:
図書
責任表示:
一ノ瀬正樹, 正木春彦編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 東京大学出版会, 2015.3
形態:
230, 6p, 図版 [3] p ; 19cm
著者名:
一ノ瀬, 正樹(1957-) <DA05169075>
正木, 春彦(1952-) <DA06481830>
松井, 圭太 <DA16877000>
新島, 典子(1967-) <DA17213312>
林, 良博 <DA05352468>
中山, 裕之(1956-) <DA12095296>
長谷川, 寿一(1952-) <DA07813776>
遠藤, 秀紀(1965-) <DA1280707X>
溝口, 元 <DA02272668>
塩沢, 昌 <DA07583053>
桑原, 敏武 <DA18311769>
続きを見る
目次情報:
「東大ハチ公物語」のシンボリズム 一ノ瀬正樹著
「ハチ」そして「犬との暮らし」をめぐる哲学断章 一ノ瀬正樹著
「忠犬ハチ公」は「忠犬」だったのか 松井圭太著
誇り高き秋田犬と飼い主の関係性 新島典子著
「忠犬ハチ公」の剥製 林良博著
ハチの死因とイヌの病気の変遷 中山裕之著
めざせ先輩犬ハチ 長谷川寿一著
学を喰うイヌ 遠藤秀紀著
映画『ハチ公物語』、『南極物語』に見る日本人のイヌ観 溝口元著
上野英三郎博士と愛犬ハチ 塩沢昌著
ハチと渋谷区 桑原敏武著
人と犬のつながり 正木春彦著
「東大ハチ公物語」のシンボリズム 一ノ瀬正樹著
「ハチ」そして「犬との暮らし」をめぐる哲学断章 一ノ瀬正樹著
「忠犬ハチ公」は「忠犬」だったのか 松井圭太著
誇り高き秋田犬と飼い主の関係性 新島典子著
「忠犬ハチ公」の剥製 林良博著
ハチの死因とイヌの病気の変遷 中山裕之著
続きを見る
書誌ID:
BB18308710
ISBN:
9784130661621 [4130661620]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

太田, 光明, 林, 良博

講談社

竹内, 洋(1942-)

中央公論新社

猪熊, 壽(1961-), 遠藤, 秀紀(1965-)

東京大学出版会

中野, 実

吉川弘文館

東京大学史史料室, 東京大学

[東京大学]

日経BP社, 東京大学

日経BP社, 日経BP出版センター (発売)

11 図書 東京大学

蓮実, 重彦(1936-), 立花, 隆(1940-), 船曳, 建夫(1948-), 苅谷, 剛彦(1955-), 長島, 弘明(1954-), 平野, 裕一(1953-)

東京大学出版会

東京大学

東京大学, トランスアート (発売)

東京大学医学部, 東京大学医学部・医学部附属病院創立150周年記念アルバム編集委員会

中央公論新社